ユアブライト研修講座詳細

食品製造業のための若手スタッフ養成講座

ジャンル:
専門スキル
目的

食品製造業に携わる若手スタッフに向けた養成講座です。

対象者

・若手スタッフ ・未経験のスタッフ

概要

専門的知識のほかにも、対外的に重要な対人関係能力スキルや、自己管理力向上に役立つパフォーマンス・マネジメントも学べるコースです。 【対象者】 【主な研修内容】 ・業務効率改善のためのパフォーマンス・マネジメント ・対人関係能力向上講座 ・食品の安全な取り扱い など 1、信頼関係構築講座 (2時間) 信頼関係構築の重要性 信頼関係の構築方法や信頼関係の構築によって得られる業務上の効果について学びます。 特に交渉に関しては、職場外はもちろん職場内においても至る所で発生します。自分には向いていないからできないではなく、個性や性格をうまく活かした交渉方法について実際にワークを取り入れ学びます。 2、品質管理の考え方 (2時間) 取引先や消費者との接点となる「商品」、その商品を作る現場での問題に対しどのように取り組み解決していくのかについて学びます。 現場での問題に対して、事実をしっかりと捉えるためには情報収集力・洞察力などが必要です。日頃からできる訓練について学びます。 3、業務効率アップのための「多能化」 (2時間) 「自分の持ち回り、部署以外は関係ない」ではなく会社全体の仕事の流れをつかむことが仕事を円滑に進めるために重要であることを事例を交え学びます。 また、職場全体をレベルアップさせるための一人一人の「多能化」について学びます。 4、食品の安全な取り扱い① (3時間) ①加工設備内で行われる洗浄・殺菌や衛生検査の重要性や衛生管理の徹底に必要なルール作り(帳票作成など)について学びます。 ②安全な食品を生産するための5S 5S活動(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)についての目的と重要性を学びます。 事例を用いて原因分析を行い、安全な食品を生産・納品するための取組みを検討します。 ・異物混入(骨片、金属片) ・作業場内で使用する備品の原則 など 衛生管理や5Sの重要性を確認することで、より安全に食肉の加工ができるようになります。 5、食品の安全な取り扱い② (3時間) ペストコントロールを徹底させるための対策や方法について学びます。 昆虫の混入は必ず防ぐことのできるクレームです。作業場内で有害生物が生息できない環境とはどのようなものかを事例を交え学びます。 工場管理の基本となる「QCDMS」 品質(Q)とそれを支えるコスト(C)納期(D)モラル(M)安全(S)の重要性について学びます。 【研修時間】 合計12時間