ユアブライト研修講座詳細

若手介護スタッフ養成10時間コース

ジャンル:
介助技術
目的

介護現場で必要となる知識の基礎や介護技術、ケア方針の重要性についての包括的な研修内容に加え、直面するターミナルケアについても学べるコースです。

対象者

・若手介護職員 ・未経験の介護職員

概要

1、人権、倫理、虐待防止講座(1.5時間)
①人権に関する基礎知識および介護現場における倫理について学びます。
②虐待防止や身体拘束の廃止について学びます。高齢者の尊厳を守り、 虐待を防止するために施工された虐待防止法について学びます。

 2、介護で求められる接遇(1.5時間)
①介護現場における接遇の必要性と基本要素から学んで行きます。
②接遇には「気付き」と「配慮」が不可欠です。これらを身に付けるために 必要な知識と、実際の例について学びます。

3、ケア方針・チーム目標の立て方講座(2時間)
①ケア方針の重要性を学びます。
②全員がチーム目標を正しく理解し、実践してく必要性を学びます。
③アセスメントの重要性とニーズの理解について深めます。

4、高齢者の転倒防止講座(1.5時間) 

①高齢者の転倒と、転倒しやすい原因について学びます。
②転倒の危険因子と予防法について学びます。

5、排泄介助の基礎とコツ(1.5時間)
トイレ・ポータブルトイレを使った介助方法・ベッド上でのオムツ交換等の 排泄ケアの基本を学びます。

6、ターミナルケア(2時間)

①人が死ぬという事
②看取り介護とは何か
③人が死ぬまでのプロセス
④看取り介護のための体制づくり 最期の場面を迎えるご家族は、どういった気持にあり、何を望んでいるかを 考えます。