ユアブライト研修講座詳細

認知症介護の歴史と尊厳保持

ジャンル:
症状
目的

認知症介護の過去を知ることで「今」を歩む介護職員がどうすべきなのか、これからを考えます。個々の目標や自身の在り方を考えるきっかけになるような学習をします。

対象者

・介護職員 ・その他

概要

①「~してあげる介護」から「尊厳を支える支援」へ 認知症介護の過去・現在・未来について学びます。身体拘束や隔離のあった過去の実態と背景を考えこれからのケアを学びます。 ②痴呆から認知症へ 呼称問題や自立支援の考え方、認知症の人の自己選択、意思決定を支えるケアの取り組みなど、講師自らの実体験に基づくケアの失敗談や反省点から、ケアのあり方や介護職員の役割について考えます。過去と対比させることで、今、自分の現場で何ができるのかを考える機会になります。